開催概要

  •  
  • 大会名称
  • 日本放射線影響学会第60回大会
  • http://www.jrrs60.jp
  •  
  • 主催者名称
  • 一般社団法人日本放射線影響学会
  • 理事長  藤堂  剛 大阪大学大学院医学系研究科 教授
  • 第60回大会長  明石 眞言 量子科学技術研究開発機構 執行役
  • 60回記念事業組織委員長  宮川 清 東京大学大学院医学系研究科 教授
  •  
  • 共  催
  • 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
  •  
  • 後  援
  • 千葉市、千葉市教育委員会、公益社団法人日本医師会、
  • 公益財団法人ちば国際コンベンションビューロー、ほか予定
  •  
  • 助  成
  • 公益財団法人放射線影響協会 外国人研究者招へい助成
  • 公益財団法人テルモ生命科学芸術財団 集会助成
  • 公益財団法人ちば国際コンベンションビューロー コンベンション開催助成金
  • アステラス製薬株式会社 Educational Support
  •  
  • 会  期
  • 日本放射線影響学会第60回大会
  • 平成29年10月25日(水)~ 28日(土)
  • 日本放射線影響学会第60回大会記念式典
  • 平成29年10月27日(金)
  •  
  • 会  場
  • 京葉銀行文化プラザ
  • 〒260-0015 千葉市中央区富士見1丁目3-2
  • TEL:043-202-0800( http://www.culture.chiba.bunkaplaza.com)
  •  
  • 目  的
  • 我が国は、広島・長崎の唯一の原爆被爆国として、またビキニ環礁での水爆実験による被爆や茨城県東海村
  • JCOの臨界事故など、歴史的にこの分野の国際的なリーダーシップを発揮して参りました。
  • さらに東京電力福島第一原子力発電所事故により、我が国の研究者からの発信が重要視されています。
  • 日本放射線影響学会はビキニ環礁水爆実験における環境汚染の調査研究を契機の一つとして設立されました。
  • 国内外の研究者との研究成果の発表、情報交換と研究協力を通じて、放射線影響に関する学術において先導
  • 的役割をはたして参りました。
  • このたび開催する第60回大会は、国内外の第一線の研究を行う会員が、放射線科学全般にわたる研究成果を
  • 発表し、情報交換することにより、放射線影響研究の進歩と発展をはかるとともに、国民の健康と福祉の増進
  • に加え、日本の放射線科学の発展と社会貢献に寄与することを目的とします。
  •  
  • 主なプログラム(予定)
  • 特別講演、シンポジウム及びワークショップ、一般演題(口演及びポスター発表)、市民公開講座、
  • 日本放射線影響学会第60回大会記念式典等。
  •  
  • 大会参加費
  •  
  •             事前登録     当 日
  •    正 会 員    12,000円    18,000円

      非 会 員    18,000円    25,000円

      学 生 会 員      6,000円      7,000円

      学生非会員    12,000円    14,000円

  •  
  • 参加予定者数
  • 会   員 450名
  • 非 会 員   50名
  •  
  • 大会委員名簿
  • こちらをご覧ください。
  •  
  • 大会事務局
  • 日本放射線影響学会第60回大会事務局
  • 〒263-8555 千葉県千葉市稲毛区穴川4-9-1
  • 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構内
  •  
  • 大会ホームページ http://www.jrrs60.jp

大会事務局 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構内

〒263-8555  千葉県千葉市稲毛区穴川4-9-1 e-mail:ml-jrrs60kinen@qst.go.jp